ザ・ジョー・ジョーンズ・スペシアル

jo_jones_special1

jo_jones_special2

jo_jones_special3

「ザ・ジョー・ジョーンズ・スペシアル」
The Jo Jones Special – JO JONES
Mono / Vanguard VY-501, 1960(キング・レコード)/ Vanguard VRS-8503, 1955

クラシック専門レーベルに端を発し、高い録音技術で知られる米国ヴァンガード・レコードによるジョン・ハモンド監修〈Jazz Showcase〉シリーズの一枚。ヴァンガードの国内盤第一弾として紹介されたのが、いわゆる中間派の名演で人気の本作でした。
ベイシー楽団の屋台骨を支えたドラマー、ジョー・ジョーンの希少なドラム・ソロが室温上ぐっと上げる「Caravan」、ベニー・グリーンのトロンボーンに 酔いしれるバラッド「Embraceable You」、2テイク収録された「Shoe Shine Boy」では御大カウント・ベイシーの客演と聴き所も多く、生涯付き合える一枚。

Side-A
1. Shoe Shine Boy (First-Take)
2. Lover Man
3. Georgia Mae
4. Caravan

Side-B
1. Lincoln Heights
2. Embraceable You
3. Shoe Shine Boy (Second-Take)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中