ラウンド・アバウト・ミドナイト

round_about_midnight1s

round_about_midnight2s

round_about_midnight3s

round_about_midnight_s1s

round_about_midnight_s2s

round_about_midnight_s3s

「マイルス・デヴィス・クィンテット」
‘Round About Midnight – MILES DAVIS
Mono / Columbia PL-5062, 1957(日本コロムビア)/ Columbia CL-949, 1956

「ラウンド・アバウト・ミドナイト」
‘Round About Midnight – MILES DAVIS
Stereo / CBS YS-302, 1964(日本コロムビア)/ Columbia PC-8049, 1956

作品の幕開けを飾る「’Round Midnight」。マイルス・デイヴィスの妖艶なミュート・トランペット経て鮮烈に訪れるそのテーマに、強く強く「ジャズ」を感じるのです。
週末の夕方、当時はやけに大人びて聞こえたFM放送。このフレーズが紫煙漂うように流れてきた、そのときこそがジャズの原体験だったように思います。
深紅に染まる国内初版は、ライナーノーツの内容から1957年の発売と推測されます。50年代に日本コロムビアが制作したペラジャケは、それ以降の製品よりも質が高く、重量あるフラット・ディスクと相まって、手にした満足感もひときわです。
ステレオ盤の発売は下って1964年。オリジナル・アートワークの風格には及びませんが、国内盤独自のデザインもなかなか趣きのあるものです。同様のジャケット、マルーン・コロンビアのラベルでモノラル盤も再発されています。

続きを読む

広告

アウト・オブ・ザ・アフターヌーン

out_of_afternoon1s

out_of_afternoon2s

out_of_afternoon3s

「アウト・オブ・ザ・アフターヌーン」
Out Of The Afternoon – ROY HAYNES QUARTET
Mono / Impulse! NY-14 1963(キング・レコード)/ Impulse! A-23, 1962

大好きな「Fly Me To The Moon」を大好きなローランド・カークで。
ロイ・ヘインズのリーダー作ですが、カークを聴きたいときに真っ先に手が伸びる一枚です。
循環呼吸を身につけ、いくつもの吹きモノを自在に操るカークは、ときにキワモノ扱い。それでもひとたび耳を澄ませば、彼がジャズ・プレイヤーである前に偉大なソウルマンであったと容易に窺い知りえるはずです。
インパルスの米国オリジナル盤は、もちろんセミダブル・ジャケット。キング・レコードによるインパルス音源の国内初版は、いずれもシングル・ペラジャケットで制作されていたと思われます。
ジャケット裏の記述によれば、モノラル盤は1963年発売、ステレオ盤は翌64年の販売です。

続きを読む

ヴィクター・ヤング/フランク・ローサー傑作集 唄/ジョニイ・ジェイムス

joni_sings1s

joni_sings2s

joni_sings3s

「ヴィクター・ヤング/フランク・ローサー傑作集 唄/ジョニイ・ジェイムス」
Joni Sings Song By Victor Young & Song By Frank Loesser – JONI JAMES
Mono / M-G-M LMG-5021, 1957(日本コロムビア)/ M-G-M E3449, 1956

中古レコード店を物色中、淡く可憐に佇むジョニ・ジェイムスに思わず手が止まる。
国内リリースは東京タワー建設が着工した昭和32年(1957年)。現在所有しているペラジャケ盤のなかでも、最も古いもののひとつです。本盤のジャケットように、レコードの収納ポケットを折り返しのフロントカバーで覆うつくりは、コロムビアやキングの比較的古いペラジャケによくみられるます。
採り上げられる作品は、ヴィクター・ヤングとフランク・ローサー両ライターのペンによるいずれ劣らぬ名曲。オーケストラに乗った清楚で素直なジョニの歌声に聴き惚れるばかりです。

続きを読む