ラウンド・アバウト・ミドナイト

round_about_midnight1s

round_about_midnight2s

round_about_midnight3s

round_about_midnight_s1s

round_about_midnight_s2s

round_about_midnight_s3s

「マイルス・デヴィス・クィンテット」
‘Round About Midnight – MILES DAVIS
Mono / Columbia PL-5062, 1957(日本コロムビア)/ Columbia CL-949, 1956

「ラウンド・アバウト・ミドナイト」
‘Round About Midnight – MILES DAVIS
Stereo / CBS YS-302, 1964(日本コロムビア)/ Columbia PC-8049, 1956

作品の幕開けを飾る「’Round Midnight」。マイルス・デイヴィスの妖艶なミュート・トランペット経て鮮烈に訪れるそのテーマに、強く強く「ジャズ」を感じるのです。
週末の夕方、当時はやけに大人びて聞こえたFM放送。このフレーズが紫煙漂うように流れてきた、そのときこそがジャズの原体験だったように思います。
深紅に染まる国内初版は、ライナーノーツの内容から1957年の発売と推測されます。50年代に日本コロムビアが制作したペラジャケは、それ以降の製品よりも質が高く、重量あるフラット・ディスクと相まって、手にした満足感もひときわです。
ステレオ盤の発売は下って1964年。オリジナル・アートワークの風格には及びませんが、国内盤独自のデザインもなかなか趣きのあるものです。同様のジャケット、マルーン・コロンビアのラベルでモノラル盤も再発されています。

続きを読む

広告

ヴィクター・ヤング/フランク・ローサー傑作集 唄/ジョニイ・ジェイムス

joni_sings1s

joni_sings2s

joni_sings3s

「ヴィクター・ヤング/フランク・ローサー傑作集 唄/ジョニイ・ジェイムス」
Joni Sings Song By Victor Young & Song By Frank Loesser – JONI JAMES
Mono / M-G-M LMG-5021, 1957(日本コロムビア)/ M-G-M E3449, 1956

中古レコード店を物色中、淡く可憐に佇むジョニ・ジェイムスに思わず手が止まる。
国内リリースは東京タワー建設が着工した昭和32年(1957年)。現在所有しているペラジャケ盤のなかでも、最も古いもののひとつです。本盤のジャケットように、レコードの収納ポケットを折り返しのフロントカバーで覆うつくりは、コロムビアやキングの比較的古いペラジャケによくみられるます。
採り上げられる作品は、ヴィクター・ヤングとフランク・ローサー両ライターのペンによるいずれ劣らぬ名曲。オーケストラに乗った清楚で素直なジョニの歌声に聴き惚れるばかりです。

続きを読む

アート・テイタム=ベン・ウェブスター・クヮルテット

art_tatum_ben_webster1s

art_tatum_ben_webster2s

art_tatum_ben_webster3s

「アート・テイタム=ベン・ウェブスター・クヮルテット」
The Art Tatum Ben Webster Quartet – ART TATUM & BEN WEBSTER QUARTET
Mono / Verve VL-1024, 1961(日本コロムビア)/ Verve MVG-8220, 1956

コロコロと軽快に、鍵盤上を淀みなく指運するアート・テイタムに、「ズッ、ズズズ」とサブトーンを織り交ぜながら物憂げにブロウするベン・ウェブスター。
ハードバップの濃密な空気に憧れて聴き始めたジャズも、次第に本作のようなリラックスした演奏により惹きつけられるようになりました。
ヴァーヴ音源の国内初期盤は、コロムビア、東京芝浦電気、日本フォノグラムとレコード会社を横断してリリースされていました。このコロムビア盤は、ジャケットだけでなくレコードそのものもペラっと頼りない造り。ところが実のところ、見かけによらず低音を利かせたメリハリある音を鳴らせるのです。
オリジナル盤ジャケットでは、赤いラインをベースにカルテットを指す「4」の文字が浮き上がるようにデザインされています。所有のペラジャケを見る限り、その部分の再現には至らなかったようです。

続きを読む

ブルース・ブルー

sonny_clark_trio_time1s

sonny_clark_trio_time2s

sonny_clark_trio_time3s

sonny_clark_trio_time4s

sonny_clark_trio_time1s

sonny_clark_trio_time2s

sonny_clark_trio_time3s

「ブルース・ブルー」
Sonny Clark Trio – SONNY CLARK TRIO
Mono / Top Rank RANK-5032, 196-(ビクター)/ Time T-70010, 1960

「天才ソニー・クラークの遺産」
Sonny Clark Trio – SONNY CLARK / GEORGE DUVIVIER / MAX ROACH
Stereo / Time PS-1129-T, 1964(日本コロムビア)/ Time T-70010, 1960

タイム版『ソニー・クラーク・トリオ』のモノラル盤ペラジャケに巡り逢いました。
これまで、本作の国内初版は1964年発売のステレオ仕様日本コロムビア盤だと思い込んでいましたので嬉しい発見です。
ここ日本でとりわけ絶大な支持を得たピアニスト、ソニー・クラーク。
彼の人気を決定付けたのはブルーノートでの諸作ですが、小レーベル「タイム」に吹き込んだこのトリオ作品も聴き逃せません。ジャズ評論家・油井正一氏に「後ろ髪をひかれるような」と評されたそれとは一種趣の異なる、力強く前掛かりな打鍵が魅力的で、構成するのはいずれもクラークのペンによる粒ぞろいなオリジナル楽曲。なかでも作品を締めくくる「Sonia」は「Cool Struttin’」や「Blue Minor」にも決して引けを取らない名曲ではないかと。
ビクター作製モノラル盤はオリジナル米国盤仕様のアートワーク、コロムビア作製ステレオ盤は国内独自のデザインで発売されていました。

続きを読む

トランペット・ブルー

kind_of_blue1s

kind_of_blue2s

kind_of_blue3s

kind_of_blue_s1s

kind_of_blue_s2s

kind_of_blue_s3s

「トランペット・ブルー」
Kind of Blue – MILES DAVIS
Mono / Columbia YL-143, 1960(日本コロムビア)/ Columbia CL-1355, 1959

「トランペット・ブルー」
Kind of Blue – MILES DAVIS
Stereo / Columbia YS-127, 1960(日本コロムビア)/ Columbia CS-8163, 1959

マイルス・デイヴィスの、ひいてはモダンジャズの歴史にひときわ輝く『Kind of Blue』。この傑作が初めて日本で紹介されるにあたり、与えられた邦題が『トランペット・ブルー』でした。
眼光鋭いマイルスが印象的なアートワークは、アルバム『Miles Ahead』の2NDジャケットをモチーフにして日本独自に誂えられたもの。米オリジナル盤同様にB面2曲のタイトルが入れ違って表記されています。
モノラル盤は、本国では既に使用されていなかったコロンビア「マルーン」ラベル。一方、ステレオ盤は米国オリジナルと同じ「6アイズ」ラベルです。ともに深溝の有るグルーヴ・ガード仕様。
日本式フリップバック・ジャケット、即ち「ペラジャケ」の歴史を象徴する一枚です。

続きを読む

マイルスとJ.J./ジャズ・トラック

jazz_track1s

jazz_track2s

jazz_track3s

「マイルスとJ.J./ジャズ・トラック」
Jazz Track – MILES DAVIS & J.J. JOHNSON
Mono / Columbia YL-159, 1960(日本コロムビア)/ Columbia CL-1268, 1958 / CL-1303, 1959

一見、マイルス・デイヴィスの『Jazz Track』。ところが、ジャケットをよく見れば「MILES & J.J.」の文字。
本来の『Jazz Track』は、仏映画『死刑台のエレベーター』のサウンド・トラックと1958年のレギュラー・セクステットによる音源で構成されたオムニバス盤ですが、本盤には58年セッションの3曲のみが収録され、残りをJ.J.ジョンソンのワンホーン・カルテットとして評価の高い『Blue Trombone』から抜粋した4トラックで編集した日本独自企画盤。
マイルス・グループ、ビル・エヴァンス在籍時のバラッドとハイテンポなJ.J.のトロンボーンが一度に楽しめるおいしいところ取りな一枚でした。

続きを読む