アウト・オブ・ザ・アフターヌーン

out_of_afternoon1s

out_of_afternoon2s

out_of_afternoon3s

「アウト・オブ・ザ・アフターヌーン」
Out Of The Afternoon – ROY HAYNES QUARTET
Mono / Impulse! NY-14 1963(キング・レコード)/ Impulse! A-23, 1962

大好きな「Fly Me To The Moon」を大好きなローランド・カークで。
ロイ・ヘインズのリーダー作ですが、カークを聴きたいときに真っ先に手が伸びる一枚です。
循環呼吸を身につけ、いくつもの吹きモノを自在に操るカークは、ときにキワモノ扱い。それでもひとたび耳を澄ませば、彼がジャズ・プレイヤーである前に偉大なソウルマンであったと容易に窺い知りえるはずです。
インパルスの米国オリジナル盤は、もちろんセミダブル・ジャケット。キング・レコードによるインパルス音源の国内初版は、いずれもシングル・ペラジャケットで制作されていたと思われます。
ジャケット裏の記述によれば、モノラル盤は1963年発売、ステレオ盤は翌64年の販売です。

続きを読む

広告

ジョー・ジョーンズ・プラス・2

jo_jones_plus2_1s

jo_jones_plus2_2s

jo_jones_plus2_3s

「ジョー・ジョーンズ・プラス・2」
Jo Jones Plus Two – JO JONES TRIO
Mono / Vanguard VY-502, 196-(キング・レコード)/ Vanguard VRS-8525, 1958

キング・レコードが販売したヴァンガード・レーベル〈Jazz Showcase〉国内最初期盤の2枚目。イニシャル・リリース『Jon Jones Special』に続いてジョー・ジョーンズのリーダー作が選出されていました。
ジョーのしなやかなリズムワークは本作でも健在、真黒なブルーズ・フィーリングに溢れたレイ・ブライアントのピアニストを絶妙に引き立てます。
音に定評のあるヴァンガードとキングの組合わせだけあって音質は良好。パパ・ジョーの趣きあるポートレイトをあしらったオリジナル盤アートワークではアピールに乏しいと判断されたのか、味気ないジャケット・デザインに変更されてしまったのが残念です。

続きを読む

ヘレン・メリルとクリフォード・ブラウン

helen_merrill_brown1s

helen_merrill_brown2s

helen_merrill_brown4s

helen_merrill_brown3s

「ヘレン・メリルとクリフォード・ブラウン」
Helen Merrill – HELEN MERRILL with CLIFFORD BROWN
Mono / Mercury MC-3025, 196-(キング・レコード)/ EmArcy MG-36006, 1954
エマーシー・ジャズ・シリーズ


たかが国内盤。
それでも、雑然と詰め込まれた中古店の棚から、ズッシリとした感触とともに掴み上げたレコードがこんな一枚なら、体中の血が一段と熱を上げて駆け巡るのを感じるのです。
分厚いレコードは、ラベルに深く溝の刻まれたフラット・ディスク。インサートには歌詞カード。キングのエマーシー・ジャズ・シリーズには信頼が置けます。
ところが、針を沿わせて感じる違和感。耳を澄ませて目を凝らして合点。本来オープニングを飾るべき「Don’t Explain」とラストに収まっているはずの「’S Wonderful」、この2曲が入れ替わって収録されているのでした。

続きを読む

ブリリアント・コーナー

brilliant_corners1s

brilliant_corners2s

brilliant_corners3s

brilliant_corners_s1s

brilliant_corners_s2s

brilliant_corners_s3s

「ブリリアント・コーナー」
Brilliant Corners – THELONIOUS MONK
Mono / London LC-1013, 1958(キング・レコード)/ Prestige RLP-12-226, 1956
アメリカン・ジャズ・シリーズ

「ブリリアント・コーナーズ」
Brilliant Corners – THELONIOUS MONK
Stereo / Riverside SR-7007, 1962(ビクター・レコード)/ Riverside RLP-1174, 1956

マイルス・デイヴィス『トランペット・ブルー』と双び、ペラジャケを語るうえで忘れてならないレコードが、50年代末にキング・レコードから発売されたセロニアス・モンクによる『Brilliant Corners』の初版。否。セロニアスにあらず、“シローニアス”・モンクです。
発売当時、国内には原盤権を持つリヴァーサイドと直接契約を取り付けられた企業がなく、英ロンドン・レーベルを経由し欧州盤の体裁に則って紹介されました。重量感のあるキング盤はラベルに深く溝が刻まれたフラット・ディスク。丁寧にプロダクトされたレコードからは、立体的でしなやかな再生音を体感することができます。
1962年にビクターがリヴァーサイドのライセンスを獲得すると、オリジナル・アートワークを採用したペラジャケ・レコードがモノラル、ステレオ両仕様で発売されています。60年代をむかえカナ表記もようやく“セロニアス”に落ち着きました。

続きを読む

ベイジン・ストリートのブラウンとローチ

m_at_basin_street1s

m_at_basin_street2s-aca84

m_at_basin_street3s-88378

「ベイジン・ストリートのブラウンとローチ」
At Basin Street – CLIFFORD BROWN & MAX ROACH
Mono / EmArcy MC-3003, 1959(キング・レコード)/ EmArcy MG-36070, 1956
エマーシー・ジャズ・シリーズ

キング・レコードが発売した「エマーシー・ジャズ・シリーズ」はペラジャケ時代の優良盤。
当時最重量級のモノラル・フラットディスクは、多少のスリキズなどモノともせず厚みある音を響かせてくれます。なかでも、おそらく1959年の1年間にリリースされたタイトルは、ジャケットがキング社の刻印入り特製ビニール・カバーで丁寧にパッキングされた豪華仕様でした。
グループを離れたハロルド・ランドの後任にソニー・ロリンズを迎えたブラウン=ローチ・クインテットによる本作は、プレスティッジへ吹き込んだ『Plus 4』の姉妹盤。レコードに針を置いた途端、溝の奥に刻み込まれていた濃密なハードバップの薫りが部屋中に立ち籠めるようです。

続きを読む

ザ・ジョー・ジョーンズ・スペシアル

jo_jones_special1

jo_jones_special2

jo_jones_special3

「ザ・ジョー・ジョーンズ・スペシアル」
The Jo Jones Special – JO JONES
Mono / Vanguard VY-501, 1960(キング・レコード)/ Vanguard VRS-8503, 1955

クラシック専門レーベルに端を発し、高い録音技術で知られる米国ヴァンガード・レコードによるジョン・ハモンド監修〈Jazz Showcase〉シリーズの一枚。ヴァンガードの国内盤第一弾として紹介されたのが、いわゆる中間派の名演で人気の本作でした。
ベイシー楽団の屋台骨を支えたドラマー、ジョー・ジョーンの希少なドラム・ソロが室温上ぐっと上げる「Caravan」、ベニー・グリーンのトロンボーンに 酔いしれるバラッド「Embraceable You」、2テイク収録された「Shoe Shine Boy」では御大カウント・ベイシーの客演と聴き所も多く、生涯付き合える一枚。

続きを読む

ゲッティン・トゲザー

m_gettin_together1s-f2123

m_gettin_together2s-9a22c

m_gettin_together3s-1d32d

Gettin’ Together – ART PEPPER
London-Contemporary SLY-1011, 1964(キング・レコード)/ Contemporary S-7573, 1960

マイルス・デイヴィス・クインテットのリズム・セクションと共演した名盤『Meets The Rhythm Section』の二匹目の泥鰌。時代は60年代を迎え、ピアノはレッド・ガーランドからウィントン・ケリーに、ドラムはフィリー・ジョーからジミー・コブに交代しています。
麻薬禍にあったアート・ペッパーからは、それまでのような絶対的なフレージングが鳴りを潜め、存在感もやや希薄。それでも堅実なリズム隊と脇役に徹するコンテ・カンドリのサポートもあって、聴き逃せないハード・バップの好盤ではないでしょうか。
コンテンポラリー音源の国内初版は、英国経由のライセンスのためかロンドン・レーベルからのリリース。ズッシリとした重量盤は響かせる音の鮮度も高いのです。