ソウル・ジャンクション

soul_junction1s

soul_junction2s

soul_junction3s

「ジョン・コルトレーン/ソウル・ジャンクション」
Soul Junction – RED GARLAND QUINTET feat. JOHN COLTRANE & DONALD BYRD
Mono / Top Rank RANK-5084, 1961(ビクター・レコード)/ Prestige PRLP-7181, 1960
モダン・ジャズ名盤蒐集会 第21回選定盤(2)

入手したものの、くぐもった音質にどうにも印象の良くない一枚でしたが、カートリッジの交換を機に久しぶりに引っ張り出すと、これまでより一歩前に出た音で鳴ってくれました。心機一転、いまでは愛聴盤。
バラエティ豊かな楽曲で構成されたアルバムで、白眉は標題曲「Soul Junction」。15分を超える長尺のスロー・ブルーズは、その2/3までピアノ・トリオによるプレイを進めたのち、満を持してジョン・コルトレーンとドナルド・バードが登場。特にトリを執るバードの哀愁滲むソロが素晴らしのです。

続きを読む

広告

ジャッキー・マクリーンの芸術

4_5&6_1s

4_5&6_2s

4_5&6_4s

4_5&6_3s

「ジャッキー・マクリーンの芸術」
4, 5, And 6 – JACKIE McLEAN QUARTET/QUINTET/SEXTET
Mono / Top Rank RANK-5019, 196-(ビクター・レコード)/ Prestige PRLP-7048, 1956
モダン・ジャズ名盤蒐集会 第10回選定盤(1)

ジャッキー・マクリーンにとってプレスティッジの2枚目が、日本盤として最初に紹介された彼のリーダー作でした。
プレスティッジ音源の国内最初期盤は、米国マイナー・レーベル作品を取りまとめ配給していた英国「トップランク・レコード」を通じてビクターから発売されていた。
名演「Sentimental Journey」はワンホーン・カルテットで、盟友ドナルド・バードを加えたクインテットで、テナーにハンク・モブレーを迎えて賑やかにセクステットで。 気心知れた仲間たちとセッションを楽しむ寛いだ雰囲気に誘われて、たびたび手が伸びる愛聴盤です。

続きを読む