ラウンド・アバウト・ミドナイト

round_about_midnight1s

round_about_midnight2s

round_about_midnight3s

round_about_midnight_s1s

round_about_midnight_s2s

round_about_midnight_s3s

「マイルス・デヴィス・クィンテット」
‘Round About Midnight – MILES DAVIS
Mono / Columbia PL-5062, 1957(日本コロムビア)/ Columbia CL-949, 1956

「ラウンド・アバウト・ミドナイト」
‘Round About Midnight – MILES DAVIS
Stereo / CBS YS-302, 1964(日本コロムビア)/ Columbia PC-8049, 1956

作品の幕開けを飾る「’Round Midnight」。マイルス・デイヴィスの妖艶なミュート・トランペット経て鮮烈に訪れるそのテーマに、強く強く「ジャズ」を感じるのです。
週末の夕方、当時はやけに大人びて聞こえたFM放送。このフレーズが紫煙漂うように流れてきた、そのときこそがジャズの原体験だったように思います。
深紅に染まる国内初版は、ライナーノーツの内容から1957年の発売と推測されます。50年代に日本コロムビアが制作したペラジャケは、それ以降の製品よりも質が高く、重量あるフラット・ディスクと相まって、手にした満足感もひときわです。
ステレオ盤の発売は下って1964年。オリジナル・アートワークの風格には及びませんが、国内盤独自のデザインもなかなか趣きのあるものです。同様のジャケット、マルーン・コロンビアのラベルでモノラル盤も再発されています。

続きを読む

トランペット・ブルー

kind_of_blue1s

kind_of_blue2s

kind_of_blue3s

kind_of_blue_s1s

kind_of_blue_s2s

kind_of_blue_s3s

「トランペット・ブルー」
Kind of Blue – MILES DAVIS
Mono / Columbia YL-143, 1960(日本コロムビア)/ Columbia CL-1355, 1959

「トランペット・ブルー」
Kind of Blue – MILES DAVIS
Stereo / Columbia YS-127, 1960(日本コロムビア)/ Columbia CS-8163, 1959

マイルス・デイヴィスの、ひいてはモダンジャズの歴史にひときわ輝く『Kind of Blue』。この傑作が初めて日本で紹介されるにあたり、与えられた邦題が『トランペット・ブルー』でした。
眼光鋭いマイルスが印象的なアートワークは、アルバム『Miles Ahead』の2NDジャケットをモチーフにして日本独自に誂えられたもの。米オリジナル盤同様にB面2曲のタイトルが入れ違って表記されています。
モノラル盤は、本国では既に使用されていなかったコロンビア「マルーン」ラベル。一方、ステレオ盤は米国オリジナルと同じ「6アイズ」ラベルです。ともに深溝の有るグルーヴ・ガード仕様。
日本式フリップバック・ジャケット、即ち「ペラジャケ」の歴史を象徴する一枚です。

続きを読む

マイルスとJ.J./ジャズ・トラック

jazz_track1s

jazz_track2s

jazz_track3s

「マイルスとJ.J./ジャズ・トラック」
Jazz Track – MILES DAVIS & J.J. JOHNSON
Mono / Columbia YL-159, 1960(日本コロムビア)/ Columbia CL-1268, 1958 / CL-1303, 1959

一見、マイルス・デイヴィスの『Jazz Track』。ところが、ジャケットをよく見れば「MILES & J.J.」の文字。
本来の『Jazz Track』は、仏映画『死刑台のエレベーター』のサウンド・トラックと1958年のレギュラー・セクステットによる音源で構成されたオムニバス盤ですが、本盤には58年セッションの3曲のみが収録され、残りをJ.J.ジョンソンのワンホーン・カルテットとして評価の高い『Blue Trombone』から抜粋した4トラックで編集した日本独自企画盤。
マイルス・グループ、ビル・エヴァンス在籍時のバラッドとハイテンポなJ.J.のトロンボーンが一度に楽しめるおいしいところ取りな一枚でした。

続きを読む

チャーリー・パーカーの芸術

all_star_sextet1s

all_star_sextet2s

all_star_sextet4s

all_star_sextet3s

「チャーリー・パーカーの芸術」
Cahrlie Parker All Star Sextet – CHARLIE PARKER
Mono / Roulette RET-5021, 1960(ビクター・レコード)/ Royal Roost RST-2210, 1956
モダン・ジャズ名盤蒐集会 第7回選定盤(1)

原盤は、1956年にロイヤル・ルーストからリリースされたチャーリー・パーカーのダイアル録音集。
マイルス・デイヴィス、J.J.ジョンソン、マックス・ローチ。溌剌とした若き才能を従えた絶好調のダイアル・レコーディングを比較的良好な音質で聴くことができます。
バードの止め処なく溢れる急速なアドリブは勿論、バラード・ナンバーに見せる天衣無縫なパッセージはもう筆舌に尽くしがたいものです。
権利の関係かアーティスト写真を一切使用せず、バードに見立てたアルト・サックスと5本の譜面台をあしらった国内盤独自のアートワーク。一見安直にも思えるが、コーティングが施された実物のジャケットは碧が深く雰囲気のある佇まいです。

続きを読む