ラウンド・アバウト・ミドナイト

round_about_midnight1s

round_about_midnight2s

round_about_midnight3s

round_about_midnight_s1s

round_about_midnight_s2s

round_about_midnight_s3s

「マイルス・デヴィス・クィンテット」
‘Round About Midnight – MILES DAVIS
Mono / Columbia PL-5062, 1957(日本コロムビア)/ Columbia CL-949, 1956

「ラウンド・アバウト・ミドナイト」
‘Round About Midnight – MILES DAVIS
Stereo / CBS YS-302, 1964(日本コロムビア)/ Columbia PC-8049, 1956

作品の幕開けを飾る「’Round Midnight」。マイルス・デイヴィスの妖艶なミュート・トランペット経て鮮烈に訪れるそのテーマに、強く強く「ジャズ」を感じるのです。
週末の夕方、当時はやけに大人びて聞こえたFM放送。このフレーズが紫煙漂うように流れてきた、そのときこそがジャズの原体験だったように思います。
深紅に染まる国内初版は、ライナーノーツの内容から1957年の発売と推測されます。50年代に日本コロムビアが制作したペラジャケは、それ以降の製品よりも質が高く、重量あるフラット・ディスクと相まって、手にした満足感もひときわです。
ステレオ盤の発売は下って1964年。オリジナル・アートワークの風格には及びませんが、国内盤独自のデザインもなかなか趣きのあるものです。同様のジャケット、マルーン・コロンビアのラベルでモノラル盤も再発されています。

続きを読む

ハワード・マギー

m_return_howard_mcghee1s

m_return_howard_mcghee2s-f6b19

m_return_howard_mcghee3s-0e231

「ハワード・マギー」
The Return Of Howard McGhee – HOWARD McGHEE
Mono / Angel Records HV-3006, 1960(東京芝浦電気)/ Bethlehem BCP-42, 1955

ディジー・ガレスピーやファッツ・ナヴァロと共にビバップ・トランペットを牽引したハワード・マギー。
麻薬渦からカムバックする彼を祝した1955年のベツレヘム・セッションです。煙まくマギーを見事に捉えたアートワークはバート・ゴールドブラッドによるもの。
サヒブ・シハブ、デューク・ジョーダン、フィーリー・ジョーといったハードバップ色濃いサイドメンを相手に、心機一転とばかり小細工無しの快演を聴かせます。軽快な自作曲を織り交ぜながら、スタンダード「I’ll Remember April(四月のパリ)」はラテン・リズムで。ブラウン=ローチの演奏然り、個人的にこの楽曲は急速調なアレンジが好みです。
所有盤は、モノラルのホワイト・ラベル見本盤。東芝の「エバークリーン・レコード」いわゆる赤盤でした。

続きを読む