ラウンド・アバウト・ミドナイト

round_about_midnight1s

round_about_midnight2s

round_about_midnight3s

round_about_midnight_s1s

round_about_midnight_s2s

round_about_midnight_s3s

「マイルス・デヴィス・クィンテット」
‘Round About Midnight – MILES DAVIS
Mono / Columbia PL-5062, 1957(日本コロムビア)/ Columbia CL-949, 1956

「ラウンド・アバウト・ミドナイト」
‘Round About Midnight – MILES DAVIS
Stereo / CBS YS-302, 1964(日本コロムビア)/ Columbia PC-8049, 1956

作品の幕開けを飾る「’Round Midnight」。マイルス・デイヴィスの妖艶なミュート・トランペット経て鮮烈に訪れるそのテーマに、強く強く「ジャズ」を感じるのです。
週末の夕方、当時はやけに大人びて聞こえたFM放送。このフレーズが紫煙漂うように流れてきた、そのときこそがジャズの原体験だったように思います。
深紅に染まる国内初版は、ライナーノーツの内容から1957年の発売と推測されます。50年代に日本コロムビアが制作したペラジャケは、それ以降の製品よりも質が高く、重量あるフラット・ディスクと相まって、手にした満足感もひときわです。
ステレオ盤の発売は下って1964年。オリジナル・アートワークの風格には及びませんが、国内盤独自のデザインもなかなか趣きのあるものです。同様のジャケット、マルーン・コロンビアのラベルでモノラル盤も再発されています。

続きを読む

ソウル・ジャンクション

soul_junction1s

soul_junction2s

soul_junction3s

「ジョン・コルトレーン/ソウル・ジャンクション」
Soul Junction – RED GARLAND QUINTET feat. JOHN COLTRANE & DONALD BYRD
Mono / Top Rank RANK-5084, 1961(ビクター・レコード)/ Prestige PRLP-7181, 1960
モダン・ジャズ名盤蒐集会 第21回選定盤(2)

入手したものの、くぐもった音質にどうにも印象の良くない一枚でしたが、カートリッジの交換を機に久しぶりに引っ張り出すと、これまでより一歩前に出た音で鳴ってくれました。心機一転、いまでは愛聴盤。
バラエティ豊かな楽曲で構成されたアルバムで、白眉は標題曲「Soul Junction」。15分を超える長尺のスロー・ブルーズは、その2/3までピアノ・トリオによるプレイを進めたのち、満を持してジョン・コルトレーンとドナルド・バードが登場。特にトリを執るバードの哀愁滲むソロが素晴らしのです。

続きを読む