ベイジン・ストリートのブラウンとローチ

m_at_basin_street1s

m_at_basin_street2s-aca84

m_at_basin_street3s-88378

「ベイジン・ストリートのブラウンとローチ」
At Basin Street – CLIFFORD BROWN & MAX ROACH
Mono / EmArcy MC-3003, 1959(キング・レコード)/ EmArcy MG-36070, 1956
エマーシー・ジャズ・シリーズ

キング・レコードが発売した「エマーシー・ジャズ・シリーズ」はペラジャケ時代の優良盤。
当時最重量級のモノラル・フラットディスクは、多少のスリキズなどモノともせず厚みある音を響かせてくれます。なかでも、おそらく1959年の1年間にリリースされたタイトルは、ジャケットがキング社の刻印入り特製ビニール・カバーで丁寧にパッキングされた豪華仕様でした。
グループを離れたハロルド・ランドの後任にソニー・ロリンズを迎えたブラウン=ローチ・クインテットによる本作は、プレスティッジへ吹き込んだ『Plus 4』の姉妹盤。レコードに針を置いた途端、溝の奥に刻み込まれていた濃密なハードバップの薫りが部屋中に立ち籠めるようです。

続きを読む

広告

ソニー・ロリンズ・プラス 4

plus4_1

plus4_2

plus4_4

plus4_3

plus4_s1

plus4_s2

plus4_s3


「ソニー・ロリンズ・プラス4」
Plus 4 – SONNY ROLLINS

Mono / Top Rank RANK-5025, 196-(ビクター・レコード)/ Prestige PRLP-7038, 1956

「スリー・ジャイアンツ」
3 Giants! – SONNY ROLLINS, CLIFFORD BROWN & MAX ROACH

Stereo / Prestige SMJ-7206, 1964(ビクター・レコード)/ Prestige PRLP-7291, 1956

ソニー・ロリンズとクリフォード・ブラウン。当時、ジャズの未来を託された2大スターを擁しハード・バップの躍進を押し進めた強力コンボの貴重な記録。
国内最初期のペラジャケ・モノラル盤は、米原盤2NDプレスのアートワークを採用し、ビクター「トップ・ランク」レーベルから「プレスティッジ・シリーズ」の一枚として紹介されていました。
後年リリースのステレオ盤は、『3 Giants!』とリタイトルされた本国リイシュー盤の体裁をとってリリース。この時期になると国内でも「プレスティッジ」のラベルが使用されるようになります。

続きを読む