ブルース・ブルー

sonny_clark_trio_time1s

sonny_clark_trio_time2s

sonny_clark_trio_time3s

sonny_clark_trio_time4s

sonny_clark_trio_time1s

sonny_clark_trio_time2s

sonny_clark_trio_time3s

「ブルース・ブルー」
Sonny Clark Trio – SONNY CLARK TRIO
Mono / Top Rank RANK-5032, 196-(ビクター)/ Time T-70010, 1960

「天才ソニー・クラークの遺産」
Sonny Clark Trio – SONNY CLARK / GEORGE DUVIVIER / MAX ROACH
Stereo / Time PS-1129-T, 1964(日本コロムビア)/ Time T-70010, 1960

タイム版『ソニー・クラーク・トリオ』のモノラル盤ペラジャケに巡り逢いました。
これまで、本作の国内初版は1964年発売のステレオ仕様日本コロムビア盤だと思い込んでいましたので嬉しい発見です。
ここ日本でとりわけ絶大な支持を得たピアニスト、ソニー・クラーク。
彼の人気を決定付けたのはブルーノートでの諸作ですが、小レーベル「タイム」に吹き込んだこのトリオ作品も聴き逃せません。ジャズ評論家・油井正一氏に「後ろ髪をひかれるような」と評されたそれとは一種趣の異なる、力強く前掛かりな打鍵が魅力的で、構成するのはいずれもクラークのペンによる粒ぞろいなオリジナル楽曲。なかでも作品を締めくくる「Sonia」は「Cool Struttin’」や「Blue Minor」にも決して引けを取らない名曲ではないかと。
ビクター作製モノラル盤はオリジナル米国盤仕様のアートワーク、コロムビア作製ステレオ盤は国内独自のデザインで発売されていました。

続きを読む

広告

ロマンティック・ムード・イン・ジャズ

plays_cole_porter1

plays_cole_porter2

plays_cole_porter3

「ロマンティック・ムード・イン・ジャズ」
Romantic Mood In Jazz(Plays Cole Porter)- SONNY CRISS
Mono / Imperial IMP-5004, 19–(ビクター・レコード)/ Imperial LP-9024, 1956

いかにもイージー・リスニングな駄盤を匂わせるタイトル、レコード店の棚に列んでいてもどれだけの人が手を留めるでしょうか。
そ れでも、物憂げにこちらを見上げる女性に、妖しく目を光らせる黒猫に、ただならぬ雰囲気を感じられれば大当たり。実はこれ、ソニー・クリスのいわゆるインペリアル三部作の一枚として人気の高いコール・ポーター作品集『Plays Cole Porter』。それならば、残りの2枚『Go Man!』『Jazz-U.S.A.』も姿を変えてリリースされていたのではないか?と想像も広がります。
ソニー・クリスやソニー・クラークを“サニー”と呼ぶライナーノーツには昭和の風情が感じられたりもします。
あれもこれもペラジャケを探す愉しみに他ならないのです。

続きを読む