ジャズ・イモータル

jazz_immortal1bs

jazz_immortal2s

jazz_immortal3s

「クリフォード・ブラウン/ジャズ・イモータル」
Jazz Immortal – CLIFFORD BROWN feat. ZOOT SIMMS
World Pacific PFJ-5051, 196-(ビクター・レコード)/ Pasific Jazz PJ-3, 1960

LPレコードにはじまり現行のCDに至るまで、日本盤独自の慣習として受け継がれる「帯(オビ)」。遅くとも60年代の極早い時期には付属していたと思われますが、いつごろ始められたものなのでしょうか?
50年も昔の古いレコードを蒐集するうえで、状態の良いオビに巡り会うことは、ある意味トップ・コンディションのレコードそのものを見つけ出すよりも遥かに難しいもの。ペラジャケの場合も然り。オビまで大切に保管されていた先の所有者に感謝しきりのチョットした宝物です。
ジャック・モントローズ編曲によるクリフォード・ブラウンの西海岸セッション集。ズート・シムズをフューチャーしたB面3曲目「Bones For Zoot」にブラウニーは不参加です。

続きを読む

広告

「ザ・モダーン・アート・オブ・ジャズ」第1集

modern_art_jazz_zoot1

modern_art_jazz_zoot2

modern_art_jazz_zoot3
The Modern Art Of Jazz – ZOOT SIMS

Dot SCO-5003, 19–(ビクター・レコード)/ Dawn DLP-1102, 1956

ドーン・レーベル原盤で人気の本作。本国でドーンの傍系レーベル「シーコ」からもプレスされた関係か、日本盤初版もシーコ作品の一枚として紹介されたようです。
ボブ・ブルックマイヤーのヴァルブ・トロンボーンとの掛け合いも終始好調なズート・シムズの勢いそそままに、ラフでタフな音を鳴らすディープグルーヴ・フラットディスク。
裏ジャケットに原盤デザインままの英文解説が採用されていることから、発売時には日本語解説書が封入されていたと推測できますが、所有盤は欠損しています。